たかしまの終活

たかしまの終活

20代の終わりの活動を終活と称した男のブログ

絵を描き始めた素人が買った本

 

絵を描き始めた素人が買った本を紹介

 

こんにちは、たかしまです。

今回は絵を描き始めた僕が参考のために買った本を紹介します。

 

その前に...

僕はイラストに関してど素人であります!!知識ゼロであります!!

素人視点からのレビューとなるので専門的なことは述べれません笑

 

逆に言うと...

知識ゼロの初心者が実際に買ってどう思ったのかリアルにお伝えします。

これから絵の勉強をしようと考えている方はぜひご覧ください。

 

 

 

買った本その1

イラストレーター Ilya Kuvshinov さんの画集です。

Googleで画像検索するとこの方のイラストがたくさん出てきます。

なぜこの画集を買ったのかというと

 

女性の絵を練習したいと思ったのもありますが

いろんな画集を見ててこれが一番

 

ビビッときた!

 

それだけです。

 

僕は絵が上手く描けなくてモチベーションが下がったときによく見てます。

いつかこれくらい描けるようになるぞ!と自分を鼓舞するのです。

使い方が違うかもしれませんが...

 

 

 

買った本その2

買った本その3

 

感想

・イラストの幅広い基礎を学べる

・アニメ、漫画寄りの絵なのでわかりやすい

 

ただ、購入して2〜3回読んだきりです。 

 

 

 

買った本その4

 

本のタイトルに解剖学とあるように

3Dで作った骨格や筋肉の動き、形を実際の人物の写真を使って細かく解説している本です。

この本を読んで自分がどれだけ人体について無知なのか痛感しました。

細かく解説と書きましたが、骨や筋肉の名称や形を細かく図で説明しているもので

中身としてはほぼ写真です。

 

感想

・これは医学書?

・ポーズによる骨、筋肉の動きや形が細かくわかる。

・実際の人物写真なのでリアル

 

すごく良い本だと思いますが、今の自分には宝の持ち腐れです

 

 

 

買った本その5

 

人物クロッキーの基本

アトリエ21/角丸つぶら ホビージャパン 2015年11月26日

 

クロッキーとは

 クロッキー: croquis)とは速写(速写画)と言い、対象を素早く描画すること、またはそうして描かれた絵そのものを指す。スケッチ(写生)とも言うが、特に短時間(10分程度)で描かれたものをクロッキーと称する。

クロッキー - Wikipedia


絵の練習にクロッキーがいいんじゃないかと思って購入しました。

画家の方が10分 5分 2分 1分で描いたスケッチを解説しています。

デッサンとはオーラを感じろ的な内容がレベル高くて僕にはまだ早過ぎました。

もちろん今のレベルで参考にできることもありますが、イラストについてある程度のレベルに達した人じゃないとこの本の本質的良さを100%引き出すことはできないと思います。

 

感想

・素人には早過ぎた

・芸術の奥深さを学べる

  

 素人にはレベルが高いと書きつつ、最近よく読み返してます。読んでもわからないことも多いけど、学べることも多い!そんな一冊です。  

 

 

 

買った本その6

 

 服の描き方をメインに解説している本です。

正確に描くというよりは違和感のない衣類の感じをどう表現するのか!

ゆるーい感じで解説してくれています。 

 

素人目ですが読んだ感想としては衣類の描き方はこの一冊で充分 

 

これで衣類の基礎を覚えてあとは練習あるのみ! 

 

感想

・ゆるーい解説でわかりやすい

・衣類の感じの描き方が学べる  

 

 

実際どれくらいの頻度で読んでる?

 

今は描ける時間があればひたすら模写をしているので

ぶっちゃけ、ほとんど読んでません。

答えは模写する絵に表現されてますしね

 

サッカーの本をいくら読んでもサッカーしないと上手くなりません

それと一緒です。

 

ですが、ふと確認したいことがあったときや

今後、オリジナルで描く機会があったとき、こういった本があるとすごく便利だと思います。

 

結論

 

僕が何冊か本を買って思ったことは

 

・まずはただひたすら描くことが重要 

・少し余裕が出てきたときに役に立つもの

 

僕が上手く活用できていないのは腕が足りない証拠でしょう。

もちろんこういった本を読んで練習に望んだほうが上達が早いのかもしれませんが...

絵を描き出した最初は描き方の基礎の本一冊で充分だと思います。

 

ご覧いただきありがとうございました。

それではまた