たかしまの終活

たかしまの終活

20代の終わりの活動を終活と称した男のブログ

パチスロって勝てるの?

こんにちは、たかしまです。

 

今回はパチスロについて、私の体験談を記事にします。

気になる方はぜひご覧ください。

 

 

 

始めたきっかけ

 

なーに大したことありません

 

 

2015年夏

興味本位でふらっと立ち寄った

わからないまま適当に打った

5000円が30000円になった

これでお小遣い稼ぐんだー!

 

これだけです。

ここから私のパチスロ珍道中が始まったわけです。

 

 

パチスロって勝てるの?

そこまでパチスロ歴が長いわけではありませんが

今思うことは

 

勝てない

です....が!

 

 

すこしポジティブに言い換えましょう

 

最高にストイックな奴は勝てる

 

 

f:id:Takashima:20190331230642j:plain

どういう意味だこりゃ?
 

順番に説明しましょう

 

台の知識って必要?

 

打ち方など必要最低限知識でOK

 

台には設定があります。この設定が高いほど当たりやすくなります。

当然この設定は見ただけではわかりません。

そんな設定をある程度見極める知識

さらに当たりやすいゾーンを見極める知識

そんで1枚でも多くコインを獲得する知識

こういう小技を駆使してすこしでも損を少なくしたり、当たりを引きやすくしているのです。

 

けど、結局最後は運でございます。

良い台でも負けることもあれば

悪い台でも勝つこともあります。

 

7割は運! 残りの3割は知識

そんなもんです。

知識は後から理由をつけるための道具みたいなものです。

なくても当たるときは当たります。

 

最高にストイックって?

 

運よく当たったとしましょう!

 

一般的にスロット打ってる人はこう思います。

 

まだプラスになる!

もっと打ちたい!

面白いしまだ打とうかな!

こんなところでやめられない!

 

そう思ったときはほぼ負けます。 

スロットをしている人ほとんどがこれです。

 

ではストイックな奴とは?

 

プラスの時点でやめれる奴

打てそうな台がないときは帰れる奴

打ち続けない奴

 

そういう人です。

多分そんな人はスロットしませんね笑

もしスロットしているなら別のことに力を注ぐべきです

これができる人はプラスかプラマイゼロくらいになるんじゃないかなと思います。

 

 

多くの人が潔くやめることができず、ズブズブ打ち込んで

気がつけばマイナスとなってしまいます 。

 

 

収支公開

 

2017年8月〜2018年3月までの収支をつけておりました。

その時の収支がこちら!

 

f:id:Takashima:20190331234642p:plain

 ほぼプラスマイゼロ

7ヶ月で95万もスロットに使っているのは恐ろしいですが...

 

しかし2015年〜2017年7月までの収支はつけてないので

結局トータル勝ちなのか負けなのかわかりません

...がたぶん負けてるでしょう。

 

つけてたら恐ろしいことになっていたかもしれません。

 

やめた理由

2018年3月から今まで友人に誘われた3回しか行っておりません。

理由としてお金がないというのもありますが

打ちたい台がない!

もうね、ないんですよ。

あとね2014年に導入された台がまだ現役でしかも、人気台なのです。

みんな打ってます笑

 

よく飽きないな...

私は流石に飽きました。

 

時間が勿体無い!

開店と同時に打ったとして、帰宅は早くて15時、遅くて23時です。

貴重な休日1日終了です。

最後の方はたとえプラスでも時間を無駄にした気分の方が大きくなっていました。

 

おじいちゃんになってやることなければまた打ちに行くかもしれません

 

 

 

スロットのメリット

 

悪いイメージが多いスロットですがメリットと捉えられる点もあります。

 

その1 

暇つぶしにはなる。

娯楽なので暇は確実に潰せます。

お金が吹き飛ぶかもしれませんが、低貸で打てるの店もあります。

お金が増える可能性も0ではありません。

 

その2

スロットトークができる。

職場などでスロットという共通の話題ができます。

勝っても負けても話題として使うことができます。

そこから深まる仲もあるかもしれませんし、話すきっかけにもなります。

 

 

 

まとめ

 

 ・スロットは基本的に娯楽

 ・プラスの時に潔くやめれる奴が勝てる可能性が高い

 ・ハマるとものすごく時間と金を消費する。

 ・コミュニケーションツールとして話題にできる。

 

 

機会があれば実際に打ってどうなるか記事にしてみます。

ではまた