たかしまの終活

たかしまの終活

20代の終わりの活動を終活と称した男のブログ

ぼくが転職をやめた理由

お久しぶりです、たかしまです

 

 

連休以降、まったく更新できていませんでした

その理由は

 

 

 

仕事がクソ忙しい!

 

 

 

4月下旬に急な人事異動で業務内容も180度変わり、残業ゼロから月40時間にまで増えました

ちなみに前任者からの業務の引継ぎもありませんでした

誰も前任者の業務を理解しておらず、当人はもういないので、日々わからないことだらけです

 

 

いろいろおかしいでしょ!

 

 

なかなか酷い状況に置かれていますが、転職しようとは思っていません

もちろん会社への愛も1ミリもありません

 

しかし僕は過去に転職を決意したことがあります

...がやめました

 

今日はそんな過去の体験を記事にします。ぜひご覧ください

 

 

 

 

転職を決意

 

今から3年前僕は、転職を決意しました

 

理由は複合的なものでした

会社の方針、給与、勤務体系、組織などなどすべてが嫌になったのです

 

気がついたらDODAでググってました

 

当時DODAはキャリアカウンセリングというサービスがありました

専任のキャリアカウンセラーが相談に乗ってくれるというものです

しかも無料で!

 

すぐ登録を済ませ、日程も決めました

 

現在もDODAではキャリアカウンセリングのサービスがあるみたいです

気になる方は覗いてみてください

doda.jp

 

 

いざ!DODA!

 

当日は商談室のような部屋でマンツーマンで面談をしました

最初は自己紹介から、今後の流れについてなどを説明され、本題である転職の話になりました

 

いちばん大事なものはもちろん転職理由でした

その理由を考慮して次の仕事を提案してくれるようです

 

僕の転職理由はいろいろあって整理ができていませんでしたが、カウンセラーの方が会話をしながら整理してまとめてくれました

 

結論としてはやりがいでした

今の仕事にやりがいを感じないということが本質的な理由でした

 

そこからいくつか仕事を紹介してもらいました

少数精鋭でやってるような会社が多かったです

 

ここから僕の転職活動が始まると思いきや、とある質問から

結論は180度変わっていきます

 

 

転職をする人ってどんな人が多いの?

 

 

見出し通りの質問を僕はキャリアカウンセラーに投げかけました

 

 

いろいろな人がいるけどいちばん多いのは

 

自分が社会を変えてやる!

と思っている人だそうです

 

そしてそういう人は起業するか転職するかで迷って

カウンセリングに来るんだとか....

 

 

意識高っけぇ〜

 

そんな志ないんだけど....

 

 

次点で会社での人間関係が理由だそうです

それくらいの意識がないと転職ってできないのかな?

そう考えているとカウンセラーの方に質問されました

 

 

DODA:ちなみに人間関係は良好ですか?

僕:はい

 

DODA:職場の雰囲気に不満はありますか?

僕:いいえ

 

DODA:職場で特別苦手な人はいますか?

僕:いいえ、とくに

 

DODA:給与や業務内容以外で悩みは?

僕:うーん、ないですね

 

それはそれですごいことみたいです。

ここからようやく僕は自分の仕事に対しての本質の本質に気づきはじめるのです

 

 

DODAで気づけた仕事に対する気持ち

 

キャリアカウンセラーと面談していくうちに自分の仕事に対する気持ちがわかってきました

結論として僕は

 

 

仕事にとくにこだわりがない

 

やりがいを感じないというよりも

 

生きがいを感じない

それを仕事から見出そうとしている

 

それだけでした

 

ある意味、病んでいたのです笑

 

 

最終的に結論が出ました 

仕事なんて極論したくないし

やりがいのない楽な仕事で、それなりに金をもらってればいいや

仕事以外で生きがいを探そう!

 

そう思って転職活動をやめました

 

ぜひ迷ってる方はキャリアカウンセラーと話をしてください

そこでいろいろなことに気づけます

 

 

しんどくなった今も転職する気はありませ

結局転職してもしんどいでしょうし、そこまで仕事に興味ないし

それなら辞めて最高の自由を手に入れたいです

 

逆にいうと、それくらいの気持ちだからこそ

今の状況に耐えることができてるのだと思います

 

ただ、プライベートの時間が前より少なくなったのは痛いですね

 

 

それでも転職したい人へ

 

昔、同僚がいました

 

同僚も同じく転職したいと思っていましたが

同時に不安も感じていました

せっかく転職しても同じことになるかもしれませんからね

 

そんな同僚に送った言葉があります

 

迷ったときは現状と未来の不安を並べること

現状の方が嫌なのであれば転職するべき

良い悪いは関係なく、転職すれば確実に今の現状は変わる

もしその先でさらに悪くなったら、それはその時考えればいい

 

 

同じく転職するかどうか悩んでる方に響けば良いのですが笑

 

 

そして同僚は転職しました

1年くらい転職活動をしていたと思います

 

最後の勤務日に

この言葉がなかったらずっとこの会社にいただろう

でもこの言葉のおかげで転職活動を続けることができた...ありがとう

...と言われました

 

 

何気無い会話のなかでふらっとでた言葉だったのですが当人には強く残っていたようです

どんな言葉が人の心に残り、未来を変えるのかわからないものですね

 

 

もし僕がこの会話をしなかったら...

今でも同僚とバカ話しながら一緒に仕事をしていたかもしれません

そう思うと少し物寂しい気がしますね

 

結局、同僚は転職して良くなったのか...

連絡先を消した今では知る由はありません

 

 

まとめ

 

転職しようと迷っている人はキャリアカウンセラーと話をしてみるのがオススメです。

今の会社を客観的に見てどうなのか評価もしてくれるので、自分の知らない良さに気づくこともあるかもしれません。

 

 

僕は今後もゆるーく仕事して、お金もらって

空いた時間を有効活用していきます

 

 

...いつか来るよね...そんな日...笑

 

 

せめて絵を描く時間をもう少し確保できるよう頑張ります

今は平日は頑張っても1時間くらいが限界です

 

以前描いた小説の登場人物ばかりコツコツと描いてます

最近、正面顔に挑戦しましたが思った以上に難しくてびっくりしました

描くたびに課題が見つかりますね

f:id:Takashima:20190531012528j:plain

 

それではまた