たかしまの終活

たかしまの終活

20代の終わりの活動を終活と称した男のブログ

仕事との付き合い方

こんにちはたかしまです

 

 

 

7月ですが、例年に比べて過ごしやすい気がしますね

 

あちこちで花火大会やお祭りの案内を目にします

そういうのを見ると夏を実感しますね

 

 

4月から職場が変わり、仕事で8割の力を使うようになってから自分の時間が確保できなくなっていましたが、7月になり多少は落ち着いてきました

 

 

絵とか全然描けませんでしたからね...

いっそのこと無職になってしまえば自由な時間を得ることができるのですが

生きていけなくなります

 

当たり前ですが

仕事をして、お金を得て、生きていかなくては好きなこともできません

 

好きなことを仕事にとかよく聞きますが....

 

仕事って括りにした時点で面倒や制約、しがらみ、その他諸々の異物が混ざり合って

純粋な好きなことではなくなってしまいそうに思えますけどね

 

僕は仕事と好きなことは別枠で考えた方が幸せに過ごせると思っています

そのためには仕事とは上手く付き合わないといけません

 

今回は僕が思う仕事との付き合い方の記事です

 

仕事について悩んでる方は是非ご覧ください

 

 

 

 

どんな職場なのか

 

 

f:id:Takashima:20190715005136j:plain

僕が働いている会社はしがない中小企業です

特にこれといった理由もなく就職したと思います

 

 

職場は昔は結構、荒れてました

 

業務指導はほぼなく自分で学ぶスタンス

無視やいじめもありました

 

入社から昨今に至るまでうつ病でリタイアしてゆく人を数多く見てきました

来れなくなった人、吐いた人、倒れた人....

 

f:id:Takashima:20190715012333j:plain


 

同僚も仕事中、僕の横で突然うずくまって動けなくなったことがあります

極度のストレスで視界が歪み、音が聞こえなくなり、立っているのか座っているのかわからなくなったと言っていました

 

そうなってしまうのは理解できる職場でした

 

 

しかしここ数年でビックリするほど改善されました

職場環境は確実に良い方向に向かってると思います

 

でも心が折れてしまう人が毎年少しだけいます

まだ改善が足りないのか、その人の特性なのか、僕にはわかりません

 

ただそうなってしまう人には似た特徴がありました

 

 

 

心が折れてしまう人の特徴

 

 

自慢でもなんでもないのですが

僕は心が折れてしまった人を十指に余るほど見てきました

 

そんな人たちには共通した特徴がありました

 性格の明るい暗いは関係なく

 

①  まじめ

②  責任感がある

③  ポテンシャルが高い

 

上記3つです

 

言葉だけ並べると理想の上司像の様ですが、まさにその通りで将来、会社の根幹をなす人物となるにふさわしい人ばかりでした

実際、立ち直った人たちは会社の中心的人物として現在活躍されています

 

 

自分はどう付き合ったか

 

入社から昨今に至るまで仕事とどう付き合ったのか?

 

いたってシンプルです

 

f:id:Takashima:20190715143021j:plain

①  不真面目

②  こだわりを捨てる

 

 

言葉にするとただのダメなやつですけどね笑

 

不真面目とは

決して仕事をしないという意味ではありません

最低限の力で、お給料と割に合う程度で働くという意味です

3〜4割程度の力で仕事はすべきです

そうすることで賃金の不満を感じなくなり、不測の事態でもある程度冷静でいられます

 

こだわりを捨てるとは

自分はこうしたい!こうなりたい!

この方針で!このやり方で!こうあるべきで!

 

全部捨てましょう!面倒です

お給料が上がるわけでもなく、ただ軋轢を生むだけです

そういうのは経営者になってから考えましょう

目の前の仕事を処理することだけでいいんですよ

平和にいきましょう

 

 

この付き合い方をするためには

人生における仕事の位置が重要になってきます

 

仕事が生きがい

仕事を充実させたい

そういう人には不可能な付き合い方です

 

 

仕事なんてそれなりにでそれなりにお金をもらえればいいと思っている人

特に生きがいにしようとも、充実させようとも思わない

 

そんな人向きです

 

 

 

趣味を持つ

 

実は心が折れてしまった人たちはもう一つだけ共通点がありました

 

 

趣味がない

 

 

趣味=生きがい

これは結構重要なことです

 

仕事はさっさと終わらせて趣味を楽しむ

趣味持っていれば仕事を乗り切る原動力にもなります

 

僕が劣悪な職場環境でも乗り切れたのは趣味を持っていたからだと思います

当時はギターやピアノにハマってたのでそれを楽しみに仕事を乗り切ってました

 

 

案外それで乗り切れちゃうものです

 

 

仕事で悩んでいる方

趣味はありますか?なければ何か見つけてみませんか?

それが生きがいになれば仕事で悩まなくて済みますよ

仕事の充実よりも趣味を充実させましょう

 

 

 

唯一の計算外

 

個人的な話になりますが

仕事のこだわりを捨てすぎた結果、職場の便利屋的ポジションになってしまいました

職場の隅っこで責任も感じず、淡々と仕事をこなし、定時で帰る

そんなキャリアビジョンを思い描いていたのですが...

 

どこで間違った!

 

気をつけましょう

こだわりを捨てすぎるといいように使われる便利屋になってしまうかもしれません

 

その結果、今のお仕事は職場の業務改善

唯一職場環境が改善さなかった昔の残りカスみたいな課の立て直し業務を命じられています

 

この上なくめんどくさいです

 

配属から3ヶ月経ってようやっと少し余裕が生まれてきました

もうちょっとで好きなことに集中できそうです

 

 

まとめ

 

仕事との付き合い方に悩んでいる方

 

頑張り過ぎてませんか?

こだわりを強く持ってませんか?

 

少し捨ててみましょう

気持ちが楽になるかもしれませんよ

 

 

仕事以外に楽しみを見つけてみませんか?

捨てるきっかけになりますよ

仕事を乗り切る原動力が生まれるかもしれませんよ

 

でも捨てすぎると職場の便利屋になりますよ

気をつけましょう